新津の風土が育んだ!御菓子司 羽入の「三色だんご」の魅力

スポンサーリンク
三色だんご

新津の伝統を受け継ぎながらも、時代と共に形を変えてきた「三色だんご」。その歴史は100年以上前に遡ります。この記事では、新津の駅弁文化と密接に結びついたこの名物を、その魅力とともに紹介していきます。

スポンサーリンク

三色だんごの特徴

  • 伝統の折箱入り 新津名物の三色だんごは、その折箱入りが特徴的。一般的な串に刺さっただんごとは異なり、このスタイルは昔の駅弁を思わせるユニークな形状です。
  • 豊富なフレーバー 三色だんごには、こしあん、白あん、ごまの3つのフレーバーがあります。それぞれが持つ上品な甘さや香ばしさが、だんごの素朴な味わいを引き立てます。
  • 手間ひまかけた製造過程 使用されるのは新潟県産のお米から作られた上新粉。一つ一つ丁寧に手作業で箱に詰められ、片栗粉がまぶされることで、食べる際に簡単に取り出せるよう工夫されています。

現代に受け継がれる伝統

御菓子司 羽入の四代目、羽入千晶さんによれば、三色だんごの誕生は駅弁と甘いものを一緒に販売したいという要望から始まりました。電車の中で分け合えるよう折箱に入れたこのスタイルは、今も変わらずに受け継がれています。

お客様の声

  • みっちゃんさん: 「70年前に新潟県で生まれ、上京して52年。新潟に帰った際は必ず購入していました。今はネットで購入でき、昔と変わらぬ味に感動しています。」
  • YMさん: 「亡くなった母との思い出の中で、この三色だんごがふと浮かびました。小さい頃、新津駅でよく母が購入していました。約50年ぶりの再会は、とても懐かしく、美味しく頂きました。」

Q&A

  • Q: 三色だんごのフレーバーは何ですか?
    A: こしあん、白あん、ごまの3種類です。
  • Q: 折箱入りの理由は?
    A: 昔の駅弁の形式を取り入れ、電車内で分け合いやすくするためです。
  • Q: 主な販売場所は?
    A: 新津をはじめ、新潟県内やインターネットで購入可能です。
  • Q: 保存方法は?
    A: 直射日光を避け、冷暗所に保管してください。
  • Q: アレルギー情報はありますか?
    A: 使用される上新粉はお米を原料としていますが、具体的なアレルギー物質に関しては購入前に確認が必要です。

感想

新津の三色だんごは、ただのお菓子ではなく、地域の歴史や文化が詰まった逸品です。その伝統的な製法と、時代を超えて受け継がれる味わいは、多くの人に愛され続けています。

まとめ

新津の三色だんごは、折箱入りというユニークなスタイルと、伝統的な味わいで知られています。四代目によって受け継がれるこの伝統は、新潟の鉄道文化と密接に関わっています。お客様の声からも、その歴史と味わいが多くの人々の心に残ることが伺えます。この三色だんごを通じて、新津の文化をもっと多くの人に知ってもらいたいと願っています。

グルメ
スポンサーリンク
matomeをフォローする
スポンサーリンク
まとめん

コメント