台湾の赤い封筒の秘密 〜冥婚とは?拾ったら注意点とその意味〜

スポンサーリンク
赤い封筒
スポンサーリンク

台湾の神秘的な風習「冥婚」とは?

冥婚は台湾の特有な風習で、一見すると驚きの習慣であるが、歴史や文化の背景に触れることで、この風習の深い意味が理解できるようになる。

冥婚の基本とは

冥婚は文字通り「死者との結婚」という意味で、主に未婚のまま亡くなった女性のための儀式である。この儀式は、家父長制度の下、未婚で亡くなった女性が実家で祀られることができないために行われるものである。

「赤い封筒」の役割

赤い封筒は「紅包」と呼ばれ、お年玉や結婚式のご祝儀など、お金を入れて贈る縁起の良いものとして使用される。しかし、冥婚の際には、亡くなった女性の写真や髪の毛が入れられることもある。拾った者はその女性との結婚が求められることが伝統となっている。

関連:リンフォン(RINFONE)は正20面体の呪物でINFERNOのアナグラムだった件

拾ってしまったらどうなる?

台湾の街角で赤い封筒を見かけることは、訪問者にとって珍しい体験かもしれません。しかし、この赤い封筒には特別な意味があります。それが「冥婚」の伝統に関連するものです。

冥婚の紅包との出会い

一般的に「紅包」と呼ばれるこの赤い封筒は、お年玉や結婚のご祝儀など、さまざまな祝い事の際に使われるものです。しかし、冥婚の伝統においては、この紅包には亡くなった女性の写真や髪の毛が封入されることがあります。拾った者は、その写真の女性との結婚が求められるとされています。

見知らぬ家族との遭遇

赤い封筒を手に取った瞬間、周囲から突如として家族が現れることも。彼らは、紅包を拾ったあなたを「婿」として、娘との結婚を迫ることがあります。これは、過去の家父長制度において、未婚で亡くなった女性を実家で祭ることができなかったため、外部の男性との結婚を通じて彼女たちの魂を慰めようとする背景があります。

回避策はあるのか?

結婚を避けたい場合、一つの方法として、200元をご祝儀として提供し、「素敵な相手が見つかるように」と言うことで、結婚を回避することが伝えられています。もちろん、これは一般的な対応として知られているもので、具体的なケースによっては、異なる対応が求められることもあるでしょう。

実際の結婚式はどうなるのか?

冥婚の結婚式を想像すると、大掛かりなものを想像するかもしれません。しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

簡素な式典

冥婚の結婚式は、実際には非常に簡素です。実際の結婚とは異なり、戸籍上での結婚とはなりません。占いを用いて、亡くなった人との相性を確認した後、位牌に名前を入れるという形式を取ります。

未来の結婚への影響は?

冥婚を行った後でも、生きている人との結婚は可能です。実際、冥婚は実際の結婚とは異なるものであるため、後の人生において結婚を希望する場合に障害とはなりません。冥婚を経験したことで、一部の人々は開運するとも言われています。

冥婚の真意

冥婚には、亡くなった女性の魂を慰めるという深い意味が込められています。現代の台湾においても、この古くからの伝統は大切にされており、文化や歴史の一部として受け継がれています。

ネットの反応と現代における冥婚

冥婚についての知識や体験談がネット上には多数存在する。台湾におけるこの風習は、日本ではあまり知られていないが、ネットの情報交換の場を通じて多くの人々がこの風習について知る機会が増えている。

現代においては、冥婚の風習は儀式的な面が強く、実際の結婚とは異なる面が多い。しかし、これは台湾の文化や歴史、家族の絆を感じることができる貴重な風習であり、理解と尊重が求められる。

まとめ

台湾の冥婚は、一見すると驚きの風習であるが、背景には深い意味がある。この風習を知ることで、台湾の文化や歴史、家族の絆を感じることができる。旅行や留学などで台湾を訪れる際には、このような地域独自の風習を理解し、尊重する姿勢が大切である。

都市伝説
スポンサーリンク
matomeをフォローする
スポンサーリンク
まとめん

コメント