『魔女の宅急便』のキキ誕生秘話:角野栄子が語る、愛されキャラクターの背景

スポンサーリンク
魔女の宅急便
魔女の宅急便 – スタジオジブリ

魔女の宅急便』が実写映画化される中、その原作者、角野栄子先生がキキの誕生秘話を語る。この記事では、キキがどのようにして生まれ、どのように成長してきたのか、そして実写映画化に対する角野先生の思いを探ります。

スポンサーリンク

キキの誕生秘話

初めの一歩:キキというキャラクターの誕生

角野先生はキキの創造について、「面白い主人公、私が大好きになれる子を作り出す」と語る。キキのキャラクターは家族構成や物語の筋道を決める前に、角野先生の想像力から生まれた。彼女の成長と物語は、角野先生自身の愛情深い視点から進んでいったのです。

インスピレーション:キキのビジュアルとその起源

キキのビジュアルは、角野先生の12歳の娘が描いたイラストにインスピレーションを受けています。角野先生はキキについて「私であって私じゃない」と述べ、「若かったら、こういう冒険をしてみたい」という自分自身の願望をキキを通して表現しています。

実写映画化への期待と不安

実写化に対する角野先生のスタンス

角野先生は実写化について、「いろんなキキがいて良い」と語り、自身の作品を原作として、映画や舞台はそれぞれの制作者の解釈であると考えています。清水監督や他の関係者とは細かい話し合いをしないという方針をとっており、自由な表現を尊重しています。

小芝風花のキキとしての魅力

キキ役に選ばれた小芝風花について、角野先生は太鼓判を押します。オーディションでの印象や、映画での演技について、「合作」としての作品の成功を感じています。

SNSの口コミ

  • 「実写版キキ、予想以上に良かった!小芝風花さんの演技が素晴らしい!」
  • 「角野栄子先生の原作とは違うけど、新しい『魔女の宅急便』も楽しめた!」
  • 「キキの実写化、最初は心配だったけど、見終わって大満足。物語の新しい解釈が素敵!」

Q&A

Q: キキのキャラクターはどのようにして生まれたのですか?

A: 角野先生によれば、キキは「面白い主人公、私が大好きになれる子」から始まったそうです。彼女の成長と物語は、先生の創造力と愛情から生まれました。

Q: 実写映画化に対して角野先生はどう思っていますか?

A: 角野先生は「いろんなキキがいて良い」との考えを持っており、映画や舞台はそれぞれの制作者の解釈であると考えています。

Q: キキのビジュアルのインスピレーションは何ですか?

A: キキのビジュアルは、角野先生の娘さんの描いたイラストからインスピレーションを受けたそうです。

Q: 小芝風花さんがキキ役を演じることについて、角野先生はどう思いますか?

A: 角野先生は小芝風花さんの演技に太鼓判を押しており、「合作」としての作品の成功を感じています。

Q: 角野先生が映画に期待することは何ですか?

A: 角野先生は映画が自由な表現で、原作の異なる解釈を見せてくれることを期待しています。

感想

角野先生の視点から見た『魔女の宅急便』

角野栄子先生が語る『魔女の宅急便』は、ただの物語以上のものです。それは、創造と想像の旅であり、キキというキャラクターを通じて、自分自身の願望や夢を追求する先生の表現でもあります。

まとめ

キキとともに飛ぶ喜び

角野先生の言葉には、キキというキャラクターへの深い愛情と、彼女の冒険を通じて読者や観客にも感じてほしいという願いが込められています。実写映画『魔女の宅急便』は、角野先生の想像力と小芝風花さんの演技が融合した新しい冒険への招待状です。

アニメ
スポンサーリンク
matomeをフォローする
スポンサーリンク
まとめん

コメント